今も昔も

現代の存在位置

占いが好き、興味があるという人はたくさんいます。
そしてその度合いも、テレビや雑誌の「今日の運勢」といったものを楽しみにしている程度から、人生の岐路に立った時やトラブルの対処法などのアドバイスを受けるために占い師のもとへ通う人もいます。
このように、その程度の度合いはさまざまでも、多くの人は多少なりとも興味を持っているといってもいいでしょう。
占いにはさまざまな方法があります。
日本では手相占いや星座占い、血液型占いなどが人気が高いといえます。
また、四柱推命や姓名判断なども昔から広く愛好されてきました。
その占う対象もいろいろです。
自分の運勢や運命を知りたいという人、仕事運や金運、恋愛運はどうだろうか、好きな相手がいるのだけれども相性はいかがなものか、などなど…。
いってみれば、なんでも占うことができるのです。
とはいえ、一般的な占い方法では正確な結果を導き出すことは難しいので、やはりそれぞれの専門分野での専門的な診断を仰ぐことが望ましいといえます。


過去から現在へ

占いは日本だけでなく世界中で好まれています。
アジア地域では日本と同様のものが好まれていますが、西欧諸国で最も人気の高いのは占星術、いわゆる星占いです。
そもそもは西洋占いと東洋占いの二つに大別でき、西洋占いは古代エジプトが、そして東洋占いは古代中国がその発祥とされているのです。
そして、現在のように個人のいて座今日の運勢や運命、過去や将来を占うのではなく、その国の政治や経済、さらには戦争の結果などを導き出す手段として発展していったのです。
昔から「当たるも八卦当たらぬも八卦」などといいますが、その頃は占う内容は前述したように非常に重大なものだったので、間違った診断を下した占い師は処刑されることもあったほどなのです。
その代わり当時の優れた占い師は王様や国の権力者に寵愛されることも多く、非常に身分の高いものでもありました。
時代によりその形は変わってきましたが、今も多くの人々に愛されているのは間違いないでしょう。

更新情報

2016-04-05
今も昔もの情報を更新しました。
2016-03-25
東西の占星術が人気の情報を更新しました。
2016-03-25
姓名判断の考え方の情報を更新しました。
2016-03-25
手相で占うの情報を更新しました。
2016-03-25
タロット占いの考え方の情報を更新しました。
ページ上に戻る